• ホーム
  • 売買物件を探す
  • 賃貸物件を探す
  • 建物別一覧
  • 売買・賃貸でお悩みの方
  • お客様の声
  • 採用情報
  • 会社概要
  • アクセス
  • 住まいを売る
  • 売却の流れ
  • よくある質問
  • プレミア査定
  • 相場相談・お問い合わせ

FAQ

売買物件の運用に関するよくあるご質問

1.住宅ローンが残っているけど、売れますか? 大丈夫です。売却した金額で一括精算することが可能です。
お客様の状況にもよりますので、まずはご相談ください。
2.リフォームは入れないといけませんか? 現況での売却が可能です。
見た目を良くするために壁紙を変えるなどのご提案もさせて頂きますので担当者にご相談下さい。
3.売却に伴う費用はいくらくらいかかりますか? 契約が完了しましたら仲介手数料として販売価格の3%+6万円に消費税をプラスした金額をお支払頂きます。
4.広告費等の費用がかかりますか? 弊社は仲介手数料以外一切頂きません。
5.広告はどういったものを使うのですか?(ネット・動画・写真等) 広告チラシはもちろんの事、弊社が力を入れているインターネットを駆使した広告を行います。
FacebookやYoutubeなどを活用してより多くの方に物件をご紹介させて頂きます。
6.外国人でも売却できますか? 可能ですが、その方の状況によって手続き等が異なりますので、まずはご相談ください。
7.居住中でも売り出せますか? 居住中での売却活動を行うことは多くございます。最終の引渡し日までに転居していただければ問題ございません。
8.居住中の案内はどうするのでしょうか? あらかじめ日時を確定させて担当者がお客様をお連れ致します。
簡単なお掃除や室内の電気をつけて頂いたりして出来るだけ印象が良くして頂くのが好条件での成約への鍵となりますのでご協力下さい。
9.引渡日は指定できますか? 募集する際に引渡し日を記載しておけば問題ございません。
10.現在、賃貸中なのですが、売却することはできるのでしょうか? オーナーチェンジ物件として売却出来ます。
11.売却と賃貸同時募集はできますか? 弊社では売却・賃貸それぞれ専門の担当者がおりますので同時募集も可能です。
12.周りの人に知られたくないのですが、内々での売却活動はできますか? 弊社の既存顧客へのご紹介が可能です。
すでに1000人以上の購入希望のお客様のご登録がございます。
13.査定は本当に無料ですか? もちろん査定は無料です。
14.査定価格はどのように決めるのですか? 過去の周辺での成約事例や現在募集中の物件などを考慮して適切な査定価格を算出致します。
15.一般媒介と専任媒介の違いを教えてください。 一般媒介とは複数の不動産会社へ売却を依頼する契約です。専任媒介は1社のみに依頼する契約です。
それぞれメリット、デメリットがございますので詳しくは担当者にお尋ね下さい。
16.売却がなかなか決まらない場合はどうするのですか? 価格の見直しや簡単なリフォームなどご提案させていただきます。
17.売却の流れを教えてください。 ①無料査定→②売却価格の設定→③媒介契約の締結→④売却活動の開始(広告掲載やオープンハウス等)→⑤売却契約締結→⑥住宅ローン等の抵当権が設定されている場合には抵当権の抹消手続き→⑦お引越し・決済・引き渡し、というのが大まかな流れとなります。詳しくは営業担当にお問合せください。
18.どれくらいの期間で売れますか? 一応の目途として媒介契約の期限3ケ月です。早期成約に向けて営業活動を行います。
19.他社で売り出し中なのですが、募集はできますか? なかなか売れずのお困りの方はご相談下さい。他社とは一味違う営業活動を行います。
20.担当者は選べますか? 弊社ホームページで営業社員の紹介をしております。
週に1度ブログを更新しておりますので是非ご覧頂きまして貴方と相性の合いそうな担当者を決めて下さい。
21.買取はできますか? 弊社では積極的に買取りも行っておりますので是非ご相談下さい。
22.買い替えを検討しているのですが、 売却後の住み替え先を探してもらうことはできますか? もちろん大丈夫です。不動産の事なら全てご相談下さい。
23.売却後、もし不具合が見つかった場合、売主が負う責任はありますか? 瑕疵担保責任として物件の引渡しから90日間は売主様に負担して頂くことがあります。
なお瑕疵担保責任の範囲は白蟻の害、給排水管の故障、雨漏り、構造上主要な木部の腐食です。
24.シーサイドリアルエステートってどんな会社ですか? シーサイドエリアで営業を開始して19年の実績がございます。
高級物件専門店として同業界他社とは一線を画した営業スタイルを展開しております。 是非ご指名いただきますよう宜しくお願い致します。
25.媒介契約(専属専任・専任・一般)について教えてください。 一般媒介契約
媒介契約の一種で、複数の業者に重ねて仲介を依頼できるものです。並行して依頼している業者にほかの業者を明らかにする義務のある「明示型」と、伏せておける「非明示方」があります。 自分で発見した相手と取引することも可能です。売主・貸主にとっては有利な条件で取引できる機会が増えるメリットがありますが、業者側から見るとほかの業者に先を越されるおそれがあり 営業活動で熱意に欠ける可能性があります。

専任媒介契約
一般媒介契約と違い仲介を依頼できる業者が1社に限られる形式です。自己発見取引は可能です。依頼を受けた業者は、契約を結んだ翌日から7営業日以内に指定流通機構(レインズ)に登録して 登録済み証を交付しなければなりません。また、2週間に1回以上の割合で活動状況について文章又は電子メールで報告するなど、積極的に取引相手を見つける努力をするように義務づけられており、 一般媒介契約に比べて熱心な活動が期待できます。契約の有効期間は3ヶ月以内です。

専属専任媒介契約
専任媒介契約と違う点が、売主・貸主は仲介を依頼した業者が見つけた相手方としか契約できません。自分で取引相手を見つけて契約することも制限されます。 契約期間は3ヶ月以内です。契約を結んだ翌日から5営業日以内に指定流通機構(レインズ)に物件を登録、1週間に1回以上の文書又は電子メールによる活動報告も義務づけられており、 媒介契約の中でもっとも速やかな成約が期待できます。

  • 住まいを売る
  • 売却の流れ
  • よくある質問
  • プレミア査定
  • 相場相談・お問い合わせ

マンションAI査定はこちら

プレミア査定はこちら

お問い合わせはこちら

スマートフォンサイト

QRコード

スマートフォンでも福岡の中古・分譲マンション、戸建、ハイグレード物件、高級賃貸情報をご覧いただけます